乾燥肌のニキビをケアするおすすめの方法は?

 

乾燥肌が原因でニキビで悩んでいる人は多いですが、どうして乾燥肌がニキビを出来やすくしているのか、その理由については知っていますか?

 

何事もまずは理由を解明しないことには、対策を練ることは出来ません。

 

乾燥肌がニキビをできやすくする理由

乾燥肌は水分不足であるということです。

 

それはつまり、角質を硬化させてしまっています。

 

そして角質硬化によって毛穴の出入り口は詰まり、その毛穴に皮脂や汚れが溜まり結果ニキビが出来るというようになるのです。

 

乾燥肌とは逆のオイリー肌も毛穴に汚れが溜まりやすく、そこからニキビが出来るという悪循環を生みますが、乾燥肌もまた全く同じと言っても良いでしょう。

おススメのニキビケア

まずは乾燥しているということなので、保湿ケアは怠ってはいけません

 

洗顔後、化粧水と乳液でたっぷりと潤いを与えることが大切です。

 

基本的なことではありますが、やはりこれが1番効果的な方法なのです。

 

ニキビケアでやってはいけないこと

ココからは注意事項を幾つか挙げたいと思います。

 

まずは洗顔のやり過ぎはいけません。清潔に…と心がけることは大切です。

 

しかし、洗顔し過ぎてしまうと最低限必要な皮脂まで落としてしまうことになります。

 

皮脂は保湿の効果もあるので、乾燥肌の人にとってはとても重要な存在です。

 

洗顔は1日2回、また洗う際には優しく、丁寧を心がけましょう。

 

そしてスキンケア用品は、天然成分が配合されているものを選ぶことをおススメします。

 

特にホホバオイル100%ツバキオイル100%のものは信用性が高いかと思われます。